<   2005年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
山野のヘリコプター オニヤンマ
c0048494_265792.jpg
オニヤンマは時期になると、うちの庭でもパトロールするかの様に、同じ所を行ったり来たり・・・。
オニヤンマの飛ぶ姿は実に優雅。
大きいから羽音もでかいし、スピードもある。 バババババッとヘリコプターが飛んで来る様で、カッコイイ。

いつも、同じ飛行コースなのに、この子はコースを外れてなぜが館内の踊り場でバタバタやっていた。
c0048494_271112.jpg
c0048494_272761.jpg

すぐに保護して、庭に戻す。
ちょっと、記念撮影にもつきあってね。

はっきりとした黒と黄色の縞々、エメラルドグリーンの複眼がとても美しい。

     《逢う日会うでいの庭にて オニヤンマ (EF75-300 IS)&(EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-07-30 02:26 | 歳時・季節・自然
お庭に咲く花・・・ レモンタイムと訪問者たち
c0048494_0562537.jpg

レモンタイムが満開になると、沢山の虫たちが集まってきます。































シジミチョウ
←↓
c0048494_0572381.jpg
c0048494_0581252.jpg
↑トックリバチとかの仲間でしょうか? 足より胴の方が細いよ~。
c0048494_0594832.jpg
                            《庭のレモンタイムと訪問者たち (EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-07-28 01:10 | 歳時・季節・自然
クジャクチョウに見とれる・・・
c0048494_0452347.jpg
c0048494_0461514.jpg↑畑に向かう未舗装の道路でゆっくり車を走らせていると、沢山のチョウチョが道路に群れて吸水していました。
ふと見ると1匹だけ違うチョウが・・・。
クジャクチョウ・・・クジャクの羽の目玉模様に似た羽がとても綺麗で、しばし見とれていました。



←こちらのチョウはさて何でしょう?
実は上のチョウと同じ子です。パタンと羽を閉じたところ・・・。 羽を閉じるとなんと真っ黒・・・。(^^; とても同じチョウとは思えない・・・。

c0048494_0471937.jpg

こちらは、コムラサキ。
こんな感じで沢山吸水しに来ていました。
って言っても、道路にあんまり水ないんですけど・・・。 一生懸命ストローで地面を突いていましたよ。
c0048494_0475342.jpgc0048494_0481877.jpg
↑ コムラサキ♀  雄に比べるとちょっと地味ですね。

↓ コムラサキ♂  羽を広げると青紫色に輝いてとっても綺麗。
c0048494_0484134.jpg
                     《畑に向かう道で クジャクチョウとコムラサキ (TAMRON A09)》
by auday1 | 2005-07-26 23:55 | 歳時・季節・自然
美味しいよ~、イエローラズベリー
c0048494_09447.jpg
c0048494_010447.jpg

ま~た、食べれるモノの話です。(笑)

庭に鉢植えで置いてあるイエローラズベリーに実が付きました。
ポロッっと実をつまんで、口の中にポイッ。(*^0^*)
もいですぐ口に入れたせいでしょうか、通常のラズベリーよりも酸味が少なく、甘いように感じました。
(^¬^*)

子供のころ、近所に自生していた木イチゴの黄色い実を、遊びの最中につまんでよく食べたのを思い出す。 あれは何という木イチゴだったのかな?
記憶の中では凄く甘かったなぁ。

            《庭の鉢植え イエローラズベリー (EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-07-24 23:55 | 旬の彩りを食す
ちょっと虚弱体質のミヤマクワガタ♂
c0048494_1558034.jpg
先日はミヤマクワガタの♀を紹介しましたが、今度はお風呂場に♂が飛んできたので、風呂桶の上でハイ記念撮影。
体長7cm弱、この子ミヤマクワガタにしては小ちゃいです。ツノもなんとなくひ弱・・・。 最初もっと小型の種類のクワガタかと思ったくらい。 頑張れ~、もっと栄養とらなきゃいかん~。 ってもう遅いか。(笑)
飛んでくるミヤマクワガタをいろいろ観察していると、体長から胴の太さ、角の大きさ形がいろいろです。 同じ種類の虫なのに面白いですね。
そういえばカブトムシも大きさや、微妙に角の形がいろいろだ~。
幼虫として育ってきた環境や栄養具合で変わってくるのでしょうか。

ところでミヤマクワガタってやさしい顔していると思いません?
目ん玉がまん丸で、大きくてクリクリしているからかな?
c0048494_15581855.jpg
                         《貸切露天風呂・洗い場にて ミヤマクワガタ♂ (EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-07-23 16:14 | 歳時・季節・自然
お庭の花・・・  オオバギボシ
c0048494_055294.jpg
c0048494_0555560.jpg

庭の隅っこの方でひっそりと咲いています。
半日陰の場所なので、他よりちょっと遅いかな。

ご存じのとおり、オオバギボシの春先の新芽はウルイと言って、酢みそ和えなどで美味しい山菜ですが、こんな綺麗な花が咲くとわかっているヤツをなかなか食べられませんよね。(笑)

c0048494_0565187.jpg
                                 《庭のオオバギボシ (EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-07-22 23:55 | 歳時・季節・自然
大好きな渓流・・・ 夏・・・ 鱒沢
c0048494_14141.jpg

あうでいから車で10分弱・・・、
舘岩川支流・鱒沢・・・大好きな川です。
上流に民家が無いので、いつ行っても水が綺麗!
水深2~3mある様な場所でも底石まではっきり見えて・・・プールよりずっと綺麗です。
この川の上流の水はそのまま口をつけて飲むことが出来そうです。
水があまりにも綺麗な分、釣りは難しいのですが・・・。ずっと眺めていたいうっとりする様な水の流れ・・・。

c0048494_1444813.jpgc0048494_1453341.jpg
上流には渓谷となって水深のある場所もありますが、この写真の辺りは深い所でもヒザ上位の水深です。 水が綺麗なので、写真ではもっと浅く見えますね。
足を川の流れに浸すとビックリするほど冷たい。川のそばに行くと涼しい~。
この流れに毛針をポイっと投げて、イワナがバシャっと・・・う~たまらん。 でしょ。 (*^v^*)

渓流沿いの道はもちろん未舗装。ここにアスファルトの道路は必要なし!
春は新緑、秋は紅葉のトンネル。 ヤマセミの舞う沢。
ずっと大切に守りたい自然です。
c0048494_1435198.jpg
                              《夏の鱒沢  (Planer T*50mm F1.4)》
by auday1 | 2005-07-21 23:55 | 歳時・季節・自然
可憐! ニンジンの花
c0048494_17153263.jpg
今年の春、畑の雪が溶けた際に、去年の秋採り残したニンジンが出てきました。
ちっちゃくて可愛いニンジンでしたが、葉っぱもしっかりしていたので、そのまま耕してしまうのはしのびなくってプランターに移植しておいたのです。
葉が大きく育ち、トウが立ってきたなと思ったらこんなに綺麗な花が咲きました。\(^o^)/
正直、こんなに綺麗で可愛い花が咲くと思っていなかったので、ちょっとビックリ。
観賞用にニンジンを育てるのもアリだなと思った次第。皆さんも、育ててみては・・・、オススメです。
しかも結構長いこと咲いています。 もうそろそろ咲き始めてから2週間以上経ってますが、まだまだ花が終わってしまう気配ナシ、元気に咲いてます。(^^)

c0048494_17164056.jpgc0048494_171808.jpg
↑こんな感じで咲いています。これでプランターに3本植わっている状態。

c0048494_17182910.jpgc0048494_17185756.jpg
            葉っぱは、まさにニンジンの葉ですね。ニンジンの葉っぱ天ぷらで美味しいんですよ。(^¬^*) ↑
c0048494_17191829.jpg
                     《玄関先のプランター ニンジンの花 (EF100 マクロ)&(TAMRON A09)》
by auday1 | 2005-07-19 17:51 | 自家製農園
ホ~タル来いっ! ゲンジボタル
c0048494_17112072.jpg
すぐ近くでホタルが飛び始めています。
ゲンジボタルとヘイケボタルと飛んでいますが、ゲンジボタルの方がやはり光が少し明るい様な気がします。
ヘイケボタルはこれから多く飛び始めます。(8月中旬ころまで)

先日、ホタルの様子を見に行って、目の前にひときわ明るくスィ~っと飛んできたのを、「ほいっ」っと手でつかまえて、記念撮影につきあってもらいました。
ダイニングのカボチャの上で・・・光ってる・光ってる・・・。(^^) やわらかくて綺麗な光・・・。
撮影後は露天風呂の方に連れて行って、パッと手を広げると、また気持ち良さそうに光りながらスィ~っと飛んでいきました。
「たくさん家族を増やしてね~」(笑)
ゲンジボタルの成虫は2週間の命、わずかな水だけを飲んで生きるのだそうです。
その間、光って飛んで、オスとメスと出会いがあって・・・、はかないけれど、聖なる光って感じがします。
ホタルは環境汚染にとても弱いのだそうです、この光を、日本の夏から無くさないようにしたいですね。
c0048494_171138100.jpg
                        《ダイニングのカボチャの上で ゲンジボタル (EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-07-18 17:36 | 歳時・季節・自然
ジャガイモの花 2種
c0048494_18555611.jpg
c0048494_1856156.jpg

kasya5さんのジャガイモの花にTB。

ジャガイモの花も、品種によってそれぞれ違って面白いですね。
あうでいの畑では、今年は「アンデスレッド」と「とうや」という2種類のジャガイモを作っています。






↑アンデスレッド
紫がかったピンクのお花。
芋は扁卵形で、皮がサツマイモの様な紅色(アントシアニン)、肉質は黄色で一部淡紅色に染まっています。
男爵並みに粉質で、滑らかな舌触りはポテトサラダ、ポテトフライに最適。 (^¬^*)


→とうや
白い花で、この花を放っておくと、緑の小さいトマトの様な実がなります。
芋はつるんとした球形で使いやすく、色は淡黄色、早生、大粒で沢山採れます。
肉質はやや粘質で舌ざわりは極めて滑らか、煮物、サラダに向いてます。
淡黄色の肉質は綺麗で甘みもあり美味しいですよ~。(^¬^*)
ビタミンCは男爵より多いとの事。

                                    《「逢う日会うでい」の畑にて ジャガイモの花 (TAMRON A09)》
by auday1 | 2005-07-15 19:54 | 自家製農園