世界一辛い・・・暴君
c0048494_23574910.jpg
コレ、何だかわかります?

スナック菓子なんかでもおなじみですね、かの世界一辛いトウガラシ「ハバネロ」です。
手にとってるやつは、ちょうど緑からオレンジ色に熟していくところの実です。

肝心の辛さの方は・・・、こりゃもう暴君の名にふさわしい激辛です。(笑)
パスタが好きで良く作りますが、ハバネロのペペロンチーノをやろうと、4人前で、写真の一番小さい位のヤツを半分刻んで入れたらファイヤーファイヤー、家族4人ヒーヒー言って涙を流しながら食べました。(´д`) しばらくは口の中が痺れてたなぁ。(^^;

教訓・・・刻んじゃダメよ。(笑)

それからは、1/4くらいの固まりをオイルでいびって使うようにしました。 適度な辛さになるように使えば、ただ辛いだけじゃなく、爽やかな香りもあって、パスタやナス炒めなんかにホント美味しいですよ。
c0048494_2358283.jpg
春に苗で見つけておもしろ半分に・・・、
畑に植えちゃうと、他のトウガラシ属(シシトウ、甘長)なんかが辛くなっちゃうと困るので、玄関先で単独鉢植えで育ててました。
緑の時は、小さいピーマンみたいですね。
緑でもオレンジでも両方辛いです。(^^;
c0048494_23581493.jpg
艶々で色もとってもきれいなので、カゴにいれてダイニングに飾ってあります。 見たお客様は「コレ綺麗ですねぇ」って、プラスチックの作り物と思う方が多いみたいです。
沢山採れました、ど~しましょ。(笑) 乾燥させて、当分楽しめそうです。



↓こちらは「アイコ」というプチトマト。 果物みたいにとっても甘くって美味しいんですよ~。
普通のプチトマトの様にまん丸じゃなくて、ちょっと細長いのが特徴!
こちらも沢山採れたので、ドライトマトにして、ハーブなんかと一緒にオリーブオイルに漬けました。
ドライトマトにすると一段と甘くてコクが出て・・・、もちろんそのまま食べても美味しいのですがスープやパスタ等に少し刻んで混ぜてやるとドライトマトの甘みとコクが隠し味になってとっても美味しい~のです。(^¬^*)
c0048494_23582672.jpg
                      《「ハバネロ」と「アイコ」 (TAMRON A09)(Planer T*50mm F1.4)》
by auday1 | 2005-09-29 23:56 | 自家製農園
<< 秋の風景 田んぼとコスモス 秋の足音 >>