夏の花2種 ヤマユリとヤブカンゾウ
c0048494_23283719.jpg
ちょいと時期を逃してしまいましたが、8月の上旬に咲いていたヤマユリです。
元々、裏庭で多く咲いていたのですが、「人目につかない所で、こんな綺麗な花を咲かせていてはもったいない」と、裏で咲き終わった後に出来た種を、パラパラと表の庭に一生懸命蒔いていたのでした。(笑)
甲斐あって、去年あたりから、少しずつ表側でも咲き始めました。(*^v^*)
今年は「逢う日会うでい」の表と裏で、むせかえるような良い香りを一斉に漂わせていましたよ~。



↓こちらは、以前春に新芽の時紹介した、「ヤブカンゾウ」です。
今年も立派に育ってヤマユリと並んで咲きました。
バナナの赤ちゃんの様な(笑)つぼみが沢山見えますが、観察していると1つ咲いては1日でしぼみ、また次の花が咲いて・・・と次々繰り返して咲いていく様です。これは、同じ仲間のニッコウキスゲなんかと同じですね。
気が付かないと同じ花がずっと咲いているのかと思ってしまいますが、1日づつ違う花が咲いているのです。(^^)b
c0048494_23285929.jpg
                              《庭のヤマユリとヤブカンゾウ (EF100 マクロ)》
by auday1 | 2005-08-27 23:54 | 歳時・季節・自然
<< 自動販売機が新しくなりました。... 朝靄(もや)立ちこめる朝 >>